高血圧性網膜症/網膜動脈硬化症<眼の病気>の症状の現れ方

 普通、自覚的な眼の症状はめったに現れません。急激に血圧が上がる急性高血圧症では網膜の出血やむくみが起こり、そのため視力が低下することがありますが、高血圧症の大部分を占める原因不明の本態性高血圧では、症状が現れるのはむしろまれです。

高血圧性網膜症/網膜動脈硬化症<眼の病気>の診断と治療の方法

 網膜の血管だけを治療することはできませんし、しても意味がありません。血圧のコントロールなど、内科的な治療が優先されます。
 高血圧性網膜症・網膜動脈硬化症は、それ自体が視力を脅かすことはまずありません。しかし、重要なのは、あとの項で述べる網膜動脈閉塞症(へいそくしょう)網膜静脈閉塞症虚血性視神経症(きょけつせいししんけいしょう)など視力を低下させる病気の要因になることです。それらを予防するためにも、全身的な治療が大切になります。