黄斑ジストロフィ(先天性黄斑変性症)<眼の病気>の症状の現れ方

 病気の種類によって違いますが、視力低下、中心暗点(中心が見えにくい)、傍中心暗点、羞明(しゅうめい)(まぶしい)、後天性色覚異常などが現れます。ある程度年齢が高くなってから症状が現れること、幼少時にすでに発症していて気づいた時にはかなり進行していることもあります。

黄斑ジストロフィ(先天性黄斑変性症)<眼の病気>の診断と治療の方法

 網膜色素変性症と同様、有効な治療法は見いだされていません。症状に応じて、遮光(しゃこう)眼鏡、弱視(じゃくし)眼鏡、拡大読書器などの補助具を使用することが有用です。その他のリハビリテーションも重要です。いつの日か、先端的医療の進歩が根本的治療を可能にすることが期待されます。