新生血管黄斑症、加齢黄斑変性症<眼の病気>の症状の現れ方

 一般に、症状はゆっくりと現れます。物がゆがんで見える(変視症(へんししょう))、物が小さく見える(小視症(しょうししょう))、中心が見えにくい(中心暗点)などが初期には多い症状です。多くの場合、視力も徐々に低下します。
 新生血管が中心から離れていると症状はあまり出ませんが、突然大量の出血を起こしたりすると、急激な視力低下が現れることもあります。

新生血管黄斑症、加齢黄斑変性症<眼の病気>の診断と治療の方法

 加齢黄斑変性症は人によって重症度や進み方がかなり違います。進まないことも、まれには自然に治ってしまうこともありますが、進行していくことが多い病気です。治療が難しく、特効的な治療法は今のところないといってよいでしょう。治すというより、現状維持、進行を遅らせることに主眼がおかれているのが現状です。
 これまでさまざまな治療が試みられてきましたが、最近では光線力学療法が主流となっています。レーザー網膜光凝固(もうまくひかりぎょうこ)(コラム)も一部の人には有効です。手術(新生血管を取り除く、あるいは網膜を移動する)という方法もありますが、一般的ではありません。
 現在最も注目されているのは、脈絡膜新生血管を萎縮(いしゅく)させる薬物(抗VEGF薬)を硝子体(しょうしたい)に注射する方法で、今後治療の主役になることが期待されています。