単純近視と変性近視<眼の病気>の症状の現れ方

 変性近視は、中年以降に発症することが多く、眼鏡で矯正(きょうせい)しても視力が出ない場合は注意する必要があります。とくに黄斑変性の初期には、物がゆがんで見える症状が出るので、片目ずつ見て、見え方に変化がないか確かめる必要があります。

単純近視と変性近視<眼の病気>の診断と治療の方法

 眼軸長の延長を止める治療法は、現在のところありません。白内障網膜剥離による視力低下は、手術により回復させることが可能です。強度近視に伴う緑内障は眼圧(眼の圧力)が高い場合は点眼薬で治療しますが、眼圧が正常である場合は、循環改善薬の内服薬などが処方されます。新生血管が生じて黄斑出血が起こった場合、初期には抗血管内皮細胞増殖因子(VEGF)抗体の硝子体内投与が有効です。