アトピー性皮膚炎による眼の病気(白内障と網膜剥離)<眼の病気>の症状の現れ方

 アトピーに伴う白内障は、20歳前後の若い人の両眼にみられます。視力が低下して気づきますが、進行の程度は人さまざまです。
 網膜剥離も若い人に現れますが、普通の網膜剥離と違って網膜の最周辺(中心から離れたところ)に孔(あな)があり、進行も遅く、自分で気がつかないことが多いので、眼科で定期的な眼底検査を受け続けることが必要です。

アトピー性皮膚炎による眼の病気(白内障と網膜剥離)<眼の病気>の診断と治療の方法

 白内障の治療は主に手術によります。老人性白内障の手術と同様で、超音波水晶体乳化吸引術(ちょうおんぱすいしょうたいにゅうかきゅういんじゅつ)を行いますが、若い人では水晶体核は硬くなっていないので超音波はあまり必要ではありません。同時に、適切な眼内レンズを眼内に挿入します。
 網膜剥離の治療は、網膜裂孔の部位に眼球外からシリコン棒などを当てたり、眼球の赤道部をシリコンなどではちまき状に締めたりします。また裂孔が大きい時や、増殖組織が多い時は硝子体(しょうしたい)手術を行います。