眼窩腫瘍とはどんな病気か

 眼球が骨に取り囲まれたスペースを眼窩といいますが、そこには眼球のはたらきを維持するためのいろいろな組織、たとえば涙をつくる器官、眼を動かす筋肉、視神経などが詰まっています。
 このような眼窩に存在する組織から発生する腫瘍を、総称して眼窩腫瘍といいます。

原因は何か

 腫瘍発生の本当の原因はわかっていません。眼窩腫瘍はいろいろなものがありますが、数が多いものではありません。比較的多い腫瘍としては、成人では涙腺腫瘍(るいせんしゅよう)、悪性リンパ腫、眼窩炎性偽腫瘍(がんかえんせいぎしゅよう)などがあり、小児では皮様嚢腫(ひようのうしゅ)、リンパ管腫横紋筋肉腫(おうもんきんにくしゅ)などがあります。
 続発性(ぞくはつせい)眼窩腫瘍といって、眼窩内の組織ではなく、隣接する副鼻腔(ふくびくう)や上顎骨(じょうがくこつ)からの腫瘍が眼窩内へ増殖するものもあります。

症状の現れ方

 腫瘍の種類によって症状が現れるスピードが異なりますが、一般的には良性のものはゆっくりと、悪性のものは急激に進行します。自分で気がつく症状としては、眼が飛び出してくる(眼球突出)ことがあり、まぶたがはれたり、物が二重に見えたり(複視)、痛みが出たりします。

検査と診断

 視力、眼球運動、眼球突出度、視野などの検査を行い、腫瘍が手に触れる場合は、それが軟らかいか硬いか、皮膚との癒着があるか、痛みはあるかなど、その程度が参考になります。
 また、全身疾患と関連がある場合もあり、皮膚に茶褐色のあざがないか、血管腫がないか、耳下腺(じかせん)や顎下腺(がくかせん)がはれていないかも参考になります。
 最も重要なのは画像診断です。超音波検査は外来で手軽にでき、小児や皮様嚢腫では有用な検査法です。眼窩腫瘍の正確な場所を決めるためにはCTやMRI検査が必要です。腫瘍のさらなる性状を知るためには、それぞれの造影検査を併用します。骨への浸潤(しんじゅん)をみるにはCT検査が有用です。
 放射性同位元素を用いたシンチグラフィを行い、全身にほかの病巣がないかどうかを判定します。また、試験的に腫瘍の一部をとり、顕微鏡で組織病理診断を行うと確定診断になります。
 区別が必要な病気で最も重要なのは甲状腺眼症(こうじょうせんがんしょう)で、バセドウ病の眼症状なので、甲状腺機能検査が必要です。

治療の方法

 薬で治る眼窩腫瘍は少ないのですが、眼窩炎性偽腫瘍などの炎症性の腫瘍や悪性リンパ腫では、副腎皮質ステロイド薬が有効なことがあります。
 また、炎症性の腫瘍では非ステロイド性消炎薬も用いられます。全身の悪性腫瘍の眼窩転移では抗がん薬が用いられることもあります。
 放射線療法は、難治性の眼窩炎性偽腫瘍や、悪性腫瘍では転移性腫瘍、悪性リンパ腫に有効です。最近では、涙腺の悪性腫瘍に重粒子線などが使われ、効果がでています。
 観血的に手術で眼窩腫瘍を摘出する時には、手術後に視力が低下したり、容貌が悪くなったりしない方法を選択するようにします。結膜切開やまぶたのしわに沿って切開して眼窩腫瘍を摘出できれば、手術後の外観は良好に保たれます。
 しかし、悪性腫瘍では極力全摘出を目的とすることが多いので、眼窩の骨を外したり、場合によっては眼球も同時に摘出し、眼窩組織を全部とらなければならないこともあります(眼窩内容除去術)。

眼窩腫瘍に気づいたらどうする

 眼球突出などに気づいたら、すぐに眼科を受診するようにします。