ふくじ副耳の症状や原因・診断と治療方法

副耳とはどんな病気か

 耳介(じかい)の先天奇形のなかで、最も頻繁にみられるものです。一般的には耳介の前方に隆起物として認められます(図2)。隆起はひとつのこともあれば、複数のこともあります。
 隆起物のなかは、軟らかい組織のみのものと、軟骨を含んでいるものとがあります。

治療の方法

 隆起物が軟らかい組織だけであれば、切除する比較的簡単な手術ですみます。しかし軟骨が含まれている場合、ある程度深いところまで軟骨を除去しないと、術後に隆起が残る場合があります。
 手術する時期としては、安全に全身麻酔をかけられる年齢であれば時期にこだわる必要はありません。一般的には、美容的目的で就学前に希望される人が多いようです。

病院をさがす

今月のおすすめ【PR】