外耳道異物<耳の病気>の診断と治療の方法

 昆虫が入った場合(図9)、その昆虫が生きているかぎり外耳道内で動くため、大きな騒音と激痛を訴えます。外から懐中電灯のような明かりを耳に当てると、虫が光に集まる習性で出てくることがあります。それでも出てこない場合は昆虫を殺すことが先決で、外耳道内に食用油を流し込むとよいでしょう。
 ただし、過去に耳の手術を受けた既往歴がある人や中耳の炎症が続いている場合は、自分で行わず、専門医に任せたほうがよいでしょう。
 外耳道は狭いうえ、曲がっています。異物が入ったことに気づいた場合でも、よほど入口で取りやすい場所以外は、耳鼻科医を受診することをすすめます。自分で取ろうとした結果、外耳道に傷をつけたり、逆に異物を奥に押し込んで鼓膜を傷つけることがあるためです。一般的には耳鼻科医のもとで専用の器具があれば、ほとんどの異物を除去することができます。
 まれに外耳道に固くはまってしまった場合、たとえば鉄の玉のように取ろうとしてもすべってしまい、取ることが困難な場合などは、手術をせざるをえない場合もあります。