こうくうせいちゅうじえん航空性中耳炎の症状や原因・診断と治療方法

航空性中耳炎とはどんな病気か

 耳管(じかん)は、鼻の奥にある上咽頭(じょういんとう)の側面から中耳までを連絡する管で、中耳と外界の圧の平衡を司っています。航空機による旅行などの際、アデノイド肥大や、上気道炎などがあると、この耳管機能がうまくはたらきません。このような状態で、中耳の圧調整障害が急速に起きた場合に生じるさまざまな耳の障害を総称して、航空性中耳炎と呼んでいます。
 航空機以外でも、高層ビルのエレベーター、高山でのドライブなど急激な圧変化にさらされた時に、同様の症状が生じることがあります。

症状の現れ方

 圧変動後に生じる激しい耳痛(じつう)、耳の詰まった感じ、難聴(なんちょう)、耳鳴り、頭痛などです。急な圧変動で内耳まで影響が及び、めまいが生じることもあります。

検査と診断

 診断は、何らかの圧変化の確認と、顕微鏡で鼓膜(こまく)の発赤、血管拡張、陥没、中耳貯留液を認めれば、容易につきます。また、耳管の咽頭開口部に浮腫(ふしゅ)(むくみ)や発赤などの炎症所見を認めることがあります。ティンパノメトリーという検査では、鼓膜の可動性障害を認めます。

治療と予防

 繰り返し起こすことが多いので、事前の予防が重要です。飛行機などの圧負荷はできるだけ避けます。どうしても搭乗する必要のある場合は、点鼻薬を使用したり、抗ヒスタミン薬を事前に内服して耳管周囲の浮腫をとり、予防を心がけます。
 とくに、かぜなどで上気道に炎症が存在する時は注意が必要です。アデノイド肥大が原因であれば、手術も考慮します。
 あくびや嚥下(えんげ)(飲み込み)することで耳管は開放されるので、圧の急変する離着陸時には、意識的に唾を飲み込んだりして耳管を開放させ、中耳内外の圧差を解消するようにします。このような予防処置をしても発症した場合には、耳鼻科で耳管通気(じかんつうき)や鼻の処置を受けてください。抗ヒスタミン薬、消炎酵素薬、時に鼻咽頭炎(びいんとうえん)に対して抗生剤などが使われます。症状が高度であれば、副腎皮質ステロイド薬も使用することがあります。
 しかし、こうした保存的治療では症状が軽快しない時や、中耳に貯留液を認める時には、鼓膜切開(こまくせっかい)を行ったほうがよい結果が得られます。職業的に航空機などの圧負荷が避けられない場合は、鼓膜にチューブを留置し、航空性中耳炎を予防することもあります。

今月のおすすめ【PR】