耳小骨発育不全<耳の病気>の症状の現れ方

 主訴は難聴です。両側の場合は言語発達に遅れが出るので1〜2歳で気づきますが、片側の場合は学校検診で指摘されるまで気づかないこともあります。

耳小骨発育不全<耳の病気>の診断と治療の方法

 治療は難聴の程度と、合併するその他の発育不全によります。ごく軽度の難聴の場合を除いて補聴器を装用します。伝音難聴では、補聴器を使うことでかなり聞き取りがよくなります。
 根本的治療には手術を行います。前に述べたように難聴の原因はさまざまで、その原因によって手術方法は大きく異なるので、術前のきめ細かな診断が重要です。また、内耳の発育不全や顔面神経の走行異常が伴う場合もあるので、手術は専門医に相談したほうがよいでしょう。