音響外傷<耳の病気>の症状の現れ方

 強大音を聞いた直後から耳が詰まった感じ(耳閉塞感(じへいそくかん))になり、それがおさまってから耳鳴り難聴に気づくことが多いようです。

音響外傷<耳の病気>の診断と治療の方法

 突発性難聴に準じた治療が行われ、副腎皮質ステロイド薬、循環改善薬などが使われます。また、内耳への血行を盛んにすることを目的とした星状神経節(せいじょうしんけいせつ)ブロック療法が用いられる場合もあります。
 なお、これらの治療を行っても十分な治療効果がなく、難聴が改善しないことがあります。治療効果をあらかじめ予測することは困難です。