騒音性難聴<耳の病気>の症状の現れ方

 初期には難聴ではなく耳鳴りが発生します。進行して会話音域と呼ばれる周波数帯域まで聴力障害が及んだ時に、初めて難聴を自覚することになります。
 難聴は左右両側であることが多く、進行性です。

騒音性難聴<耳の病気>の診断と治療の方法

 慢性の難聴であり、現時点では有効な治療手段はありませんが、循環改善薬やビタミン薬などが用いられる場合もあります。