急性鼻炎<鼻の病気>の症状の現れ方

 鼻づまり、鼻汁(びじゅう)、くしゃみといった鼻症状が一般的です。鼻汁は、初めは水性あるいは粘性ですが、細菌感染を合併すると膿性の鼻漏(びろう)になります。
 かぜの一症状なので、その他のかぜの症状、すなわち咽頭痛(いんとうつう)や咳(せき)、発熱、食欲不振、頭痛なども伴うことがあります。小児ではいびきが大きくなることもあります。

急性鼻炎<鼻の病気>の診断と治療の方法

 かぜの治療と同様、対症療法が主体になります。鼻汁を抑えるために抗ヒスタミン薬を、鼻をかみやすくするために粘液溶解薬を投与します。小児は鼻をかめないため、後鼻漏(こうびろう)となって咳の原因となりがちなので、鼻をよく吸引することが大切です。
 通常は数日間で治りますが、副鼻腔炎(ふくびくうえん)を併発すると膿性の鼻漏がなかなか治りません。また、とくに小児は急性中耳炎を起こしやすくなります。