副鼻腔腫瘍とはどんな病気か

 腫瘍はいわゆる“できもの”のことですが、良性腫瘍と悪性腫瘍に分けられます。悪性腫瘍は“がん”と同義で、さらに上皮から発生する癌(がん)と非上皮から発生する肉腫(にくしゅ)からなります。副鼻腔に発生する癌の代表は上顎洞(じょうがくどう)の上皮から発生する上顎洞がんで、これについては次項で述べます。
 一方、副鼻腔に発生する良性腫瘍は比較的まれで、乳頭腫(にゅうとうしゅ)と骨腫(こつしゅ)を除くと頻度は高くありません。以下、そのなかでも比較的よくみられる乳頭腫について述べます。

原因は何か

 ウイルス、とくにヒトパピローマウイルスとの関連が報告されています。あらゆる年齢で発生しますが、50〜60代の男性に多いとされています。

症状の現れ方

 腫瘍が小さければほとんどの場合、無症状です。副鼻腔を圧迫すると痛みや違和感が出てきます。また、鼻腔に進展する(広がる)と鼻閉(びへい)(鼻づまり)や鼻漏(びろう)、鼻出血が生じてきます。

検査と診断

 鼻腔に腫瘍があれば、耳鼻咽喉科の診察で直接確認することが可能ですが、慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)(蓄膿(ちくのう))に伴うポリープ(鼻茸(はなたけ))と区別することが難しい場合があります。
 副鼻腔のX線検査で片方の副鼻腔に影がある場合は、本疾患が疑われます。副鼻腔の代表的な疾患である慢性副鼻腔炎では、ポリープは一般に両側発症するからです。一方、次項で述べる上顎洞(じょうがくどう)がんは片方の副鼻腔に発生するので、乳頭腫との区別が重要になります。
 単純X線よりCTやMRI検査のほうがより多くの情報が得られます。鼻腔に進展した乳頭腫では、同部からの生検(組織をとって調べる)で組織診断が可能です。
 鼻の乳頭腫は組織学的に3つに分けられますが、このうち内反性乳頭腫にがんの合併が多い(5〜20%)といわれています。

治療の方法

 乳頭腫と確定診断した症例あるいは疑われる症例では、がんの合併の報告もあり、一般に手術の対象です。手術法には大きく2つの方法があり、ひとつは歯肉を切開する方法で、もうひとつは鼻の穴から内視鏡を用いて行う方法(ESS)です。
 現在では後者のほうが主流になりつつありますが、腫瘍の広がりで決定されることになります。良性腫瘍にもかかわらず、時に再発が認められるので、完全切除が望まれます。

副鼻腔腫瘍に気づいたらどうする

 前述の症状があれば、耳鼻咽喉科の受診をすすめます。