舌痛症<口・あごの病気>の症状の現れ方

 食事中、口に物が入っている時は痛みがないので、食事には支障ありません。舌が痛いと言いながら食事ができるので、舌の痛さを訴えても、まわりの人には理解されず、舌には痛みの原因となるような状態は見当たらないので、医師にも舌の痛みを理解してもらえません。
 このため医療機関を渡り歩くこと(ドクターショッピング)もしばしばです。誰もこの痛みはわからないと思い込んで年余に及ぶ人も多いのです。

舌痛症<口・あごの病気>の診断と治療の方法

 治療を行うのは歯科のなかでも歯科心療科、心療歯科などを標榜するところで、心身症あるいは心気症として治療を行います。薬物療法と心理療法などが行われます。