がま腫(ラヌラ)とはどんな病気か

 舌下(ぜっか)部、口底部に生じた貯留嚢胞(ちょりゅうのうほう)をいいます。透明感のある半球状のふくらみで、ガマガエルののどに似ているのでがま腫と呼びます。

原因は何か

 唾液腺(だえきせん)で作られた唾液が排出障害を起こして、組織中にもれ出し、唾液をためた袋状の病変ができたものです。舌下腺という粘液性の唾液を作る唾液腺に関連して発生します。

症状の現れ方

 口底部の粘膜下に片側性に発生し、徐々に大きくなり、嚥下(えんげ)時などの舌の運動を損なうようになります。

治療の方法

 大きいものでは、嚢胞壁の一部を切除して解放窓を口腔内に作ることで縮小させ、完治します。この手術を開窓術といい、外来小手術として行われます。または、舌下腺摘出術が行われます。