顎骨骨髄炎とはどんな病気か

 骨髄の炎症で、同時に骨質および骨膜も侵される難治性の病気です。

原因は何か

 口内細菌によって、う蝕(しょく)むし歯)から歯髄炎(しずいえん)になり、治療後の歯が再び悪くなって起こるケースが最も多くみられます。また、あごの腫瘍や骨折などでの二次感染によっても起こります。
 局所の要因のみでなく、糖尿病などの全身疾患、栄養障害、生体の免疫力の低下や代謝障害が背後にあることもあります。

症状の現れ方

 原因となる歯の周囲の歯ぐきが広い範囲で発赤し、はれが著しく、歯は動揺(グラグラする)します。また、歯ぐきから自然にうみが出るようになります。
 歯、歯周、歯槽骨(しそうこつ)の深部に激痛が起こり、やがて近くの数歯にわたって歯ぐきのゆるみや歯の動揺があり、これらの歯を叩くと痛み(打診痛)があります。また、はれている側の下口唇に知覚異常が現れます。骨髄のなかで病変がどんどん悪くなり、それに伴って痛みの範囲も広くなります。まれに症状がひどくは現れず、慢性化することもあります。
 全身的な症状としては、初期には悪寒(おかん)を伴う高い発熱、食欲不振、全身倦怠感(けんたいかん)がみられます。

検査と診断

 X線検査(CT撮影)、MRI検査、血液検査(白血球の数や種類、赤沈)を行います。骨に異常のある時は、がんなどの腫瘍性病変との区別が必要になります。

治療の方法

 発熱による全身的な消耗が強ければ、安静にして対症療法を行います。抗菌薬の点滴静脈注射だけでなく、骨髄の病変部を抗菌薬を含んだ液で洗い流す治療が必要です。炎症を起こしている部分の骨を表層より削りとったり骨の切除などの手術が行われ、場合によっては高圧酸素療法も併せて行われます。
 慢性化して再発を繰り返すことが多いので、急性期が過ぎたら、原因となっている歯を抜歯し、腐った骨を除去します。予後はあまりよくありません。

顎骨骨髄炎に気づいたらどうする

 全身症状を伴い、長い経過をたどるので、早めに口腔外科のある総合病院や大学病院の歯科口腔外科を受診しましょう。