磨耗症<歯と歯肉の病気>の症状の現れ方

 軽度の磨耗ではほとんど自覚症状はありません。くさび状欠損や他の部位の大きな磨耗による欠損が生じると、知覚過敏(ちかくかびん)やう蝕(しょく)むし歯)を引き起こし、歯髄炎(しずいえん)に至ることがあります。

磨耗症<歯と歯肉の病気>の診断と治療の方法

 正しい歯みがき方法の指導や悪習癖の矯正といった、磨耗を生じた原因をなくすことが第一です。磨耗による欠損部が小さい場合はそのまま何もしないで経過をみます。知覚過敏の症状がある場合はその部位に薬物塗布療法、レーザー照射、接着性の材料を充填するといった治療を行います。