磁性アタッチメントとは



 磁性アタッチメントとは、磁石の力を利用して入れ歯を支台歯(しだいし)(支えとなる歯)に連結し、その維持、安定を図る装置のひとつです。基本形態としては、入れ歯に磁石を埋め込み、これにくっつくキーパーと呼ばれる磁性ステンレス鋼を歯の根に土台として埋め込みます(図46)。

利点と欠点

 普通の入れ歯は、あごの形や歯の位置の状態によってがたつきやすくなったり、長く使用することによって、バネなどが変形してしまうことがあります。これに対して磁性アタッチメントには、 (1)長期間の使用においても壊れにくく維持力が失われない。 (2)キーパーの厚さや磁石とキーパーとの間隔を変えることで、維持力のコントロールが確実かつ簡単にできる。 (3)どの方向からも入れ歯を出し入れできる。 (4)見た目がよい。 (5)できあがった入れ歯は複雑な形ではないので、取り扱いが簡単である。 (6)入れ歯を取り外す時に歯に余分な力がかかりにくい。 などの利点があります。
 欠点としては、 (1)磁石を入れるためのスペースが義歯に必要であり、義歯床が薄くなると義歯破折(ぎしはせつ)の危険がある。 (2)義歯の下に歯の根があるため、むし歯歯周病(ししゅうびょう)を防ぐための歯ブラシがかけにくい。 (3)歯科医療保険の適応外の治療で、費用が高くなる。 などがあげられます。