クラウンとは

 クラウン(冠)とは、主として、むし歯や外傷による歯の破折(はせつ)などにより歯が崩壊した場合、金属やレジン(歯科で使用されている樹脂材料)、ポーセレン(陶材、セラミックス)で歯の全面もしくは一部をおおい、その機能と外観を回復させるものをいいます。歯の全面をおおうものは全部被覆冠(ぜんぶひふくかん)、一部分をおおうものは一部被覆冠(いちぶひふくかん)と呼ばれています。
 崩壊した歯以外でも、ブリッジの支えになる歯に対して行われたり、歯の形態や位置の異常を改善するために行われる場合もあります。ほかにも根管(こんかん)治療(歯の神経の治療)のあとで歯がもろくなっている場合なども、金属やレジンで土台をつくり、クラウンを被せる処置が行われています。

メタルクラウンの種類と処置

 クラウンにはさまざまな種類がありますが、このうち、メタルクラウンとは金属を使用し、歯の全面あるいは一部をおおうタイプのものをいいます。クラウンのなかでは最もポピュラーな形のものであり、銀歯や金歯と呼ばれているものが、これにあたります。金属の種類は、銀合金(銀歯)や金合金(金歯)が主に使用されており、医療保険治療では銀合金が多く使用されています。
 治療方法として、基本的には歯の外周を削り、歯型をとり、模型にし、その模型上でメタルクラウンを製作します。製作されたメタルクラウンは口のなかで微調整され、セメント(接着材)で合着されます。
 このような処置を行う場合には、歯の崩壊が進んでいても、歯根(しこん)(歯の根、あごの骨に埋まっている)がしっかりと骨に埋まっており、歯周組織が健全であることが前提になります。
 一般的に金属で歯をおおうため、強度が大きく耐久性に優れ丈夫ですが、全部被覆冠は外観が金属色になってしまうため、主として臼歯部(きゅうしぶ)(奥歯)に用いられます。