咽喉頭異常感症<のどの病気>の症状の現れ方

 多くはのどに何かがつかえる感じを訴えます。嚥下運動を行った時で、唾(つば)などを飲み込んだ時がほとんどです。しかし、食事や水などの液体を飲んだ時にはその症状を感じません。

咽喉頭異常感症<のどの病気>の診断と治療の方法

 原因疾患が明らかになれば、治療を行います。原因疾患が見つからない時には経過観察や精神安定剤の投与をします。