先天性食道疾患<食道・胃・腸の病気>の症状の現れ方

 多くの症例で、生後まもなく何らかの症状が現れます。唾液(だえき)を飲み込んでも食道が閉鎖しているため、口から泡状に流れ出てしまいます。呼吸困難や肺炎の併発から診断される症例もあります。頻度的にも多い Gross のC型であれば、呼吸によって胃は空気で拡張し、嘔吐によって胃内容が気管に流れ込み、肺炎を併発する要因となります。

先天性食道疾患<食道・胃・腸の病気>の診断と治療の方法

 外科手術が必要であり、基本的には、まず気管と食道の交通を遮断(しゃだん)する処置(気管食道瘻の閉鎖)が必要です。次に離れた口側食道と胃側食道を吻合(ふんごう)する処置が必要となります。食道閉鎖と気管食道瘻の状況により、術式も大きく異なります。一期的根治術では気管食道瘻の結紮(けっさつ)、切離と食道吻合が同じ日に行われます。全身状態の不良な症例や閉鎖食道間の距離が離れた症例では、分割手術が選択されます。