食道静脈瘤<食道・胃・腸の病気>の症状の現れ方

 食道静脈瘤も胃静脈瘤も、それ自体は痛くもかゆくもありません。肝炎や肝硬変になっても、気がつかずに経過している人も多数います。突然吐血して初めて気づくことになります。時にはタール便が続いて出血に気づくこともあります。

食道静脈瘤<食道・胃・腸の病気>の診断と治療の方法

 食道静脈瘤が破裂して吐血している時は、まず点滴で輸液・輸血を行います。出血が著しい場合は、ゼレグスターケンブレイクモアチューブを挿入して風船をふくらませて圧迫止血をします。
 循環動態が落ち着いていて出血がそれほどでもない場合は、緊急内視鏡を行って診断とともに内視鏡治療を行います。
 内視鏡治療には、内視鏡的硬化療法(EIS)と内視鏡的静脈瘤結紮(けっさつ)術(EVL)があります。EISは静脈瘤に内視鏡を使って針を刺し、硬化剤を注入して静脈瘤を閉塞させる方法です。EVLは内視鏡的に静脈瘤を輪ゴムで結紮して壊死(えし)脱落させる方法です。何回か治療することが必要です。
 そのほか、血管内にカテーテルを挿入して治療する方法も行われます。