バレット食道<食道・胃・腸の病気>の症状の現れ方

 症状としては、逆流性食道炎にみられる胸やけや苦い水が上がるなどを訴える人が多いのですが、まったく無症状の人も少なくありません。
 とくにLSBEの症例では、まだ証明はされていませんが、酸逆流に対する知覚のメカニズムが荒廃(こうはい)している可能性があります。そのため、無症状のままLSBEが継続し、がんが発生・進行して症状が出るまで気づかないというケースがあると推定されます。

バレット食道<食道・胃・腸の病気>の診断と治療の方法

 日本では、がん発生の頻度が少ないことから、無治療、あるいは酸分泌抑制薬の内服だけで経過をみることが多くなっています。欧米では、発がん予防の観点からバレット食道に対する内視鏡的焼灼術も試みられていますが、日本ではほとんど行われていません。現在のところ、国内のバレット食道経過観察症例で、進行がんまで発展した症例は報告されていません。
 しかし最近のSSBE症例では、専門医でもかなり慎重に細かく内視鏡観察を行っていかないと、ごく早期のがん症例を見落とすであろうと予測される病変が指摘できるようになりました。この分野では、日本が得意とする高度な内視鏡技術(色素内視鏡、光デジタル観察、および拡大内視鏡観察)の開発と発展に負うところが大きく、現在の研究開発のトピックスといえます。