急性胃炎<食道・胃・腸の病気>の症状の現れ方

 一般には、原因があってから短時間のうちに、食欲不振、吐き気、嘔吐、上腹部の痛みまたはもたれ感などの症状を生じてくるのが特徴です。
 急性胃炎のうち、急激に強い上腹部痛や吐血、下血などの症状が現れ、内視鏡で胃のなかを観察すると、出血、びらん、潰瘍(かいよう)性変化を伴っているものを、急性胃粘膜病変(きゅうせいいねんまくびょうへん)(AGML)と呼んでいます。

急性胃炎<食道・胃・腸の病気>の診断と治療の方法

 原因がはっきりしている場合、それを除くことが急性胃炎治療の基本です。出血が強い場合には、内視鏡で観察しながら止血を行います。アニサキス症の場合は、内視鏡鉗子(かんし)を用いてアニサキス虫体を胃粘膜から除去します。
 胃酸をとめることにより、自覚症状や胃炎所見の改善が認められるため、重症の場合は、確実に酸分泌を抑制できるH2ブロッカーやPPI(プロトンポンプ阻害薬)の使用がすすめられています。