急性胃拡張<食道・胃・腸の病気>の症状の現れ方

 強い腹部膨満感が主ですが、嘔吐が現れることもあります。
 急性胃拡張と思っても、胃に原因があるとは限らず、小腸や大腸などの腸管拡張の一部であることも少なくありません。原因が何であれ、食物停留やガスにより、ある程度以上の胃(ないし腸管)拡張が起これば、生理的反応として嘔吐が起こります。

急性胃拡張<食道・胃・腸の病気>の診断と治療の方法

 治療は原因疾患に対して行います。急性胃拡張が著しい場合は、胃管の挿入などによって胃の内圧の減少を図ります。予後は原因疾患によって異なります。