機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)<食道・胃・腸の病気>の症状の現れ方

 食後の胃もたれ感、少ししか食べていないのにおなかが苦しくてそれ以上食べられない、食事とは関係なく胃が痛い、あるいは胃のあたりが灼(や)けるように感じる、といった症状が一般的です。「みぞおちのあたりがはる」、「重苦しい」、「ムッとする」など、さまざまな言葉で表現されます。不眠やストレス感、体のあちこちに不調感があることもあります。

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)<食道・胃・腸の病気>の診断と治療の方法

 治療には、胃の運動を調整する薬剤、胃酸を止める薬剤、ストレスを和らげる薬剤などを使います。