腹壁ヘルニア<食道・胃・腸の病気>の症状の現れ方

 腹痛を訴えることもありますが、鈍痛や違和感程度の不定愁訴のことや無症状のこともあります。また、突然の激しい腹痛や吐き気・嘔吐などの腸閉塞症状で明らかになることもあります。
 嵌頓状態が続くと、手術が必要な絞扼性腸閉塞になり、診断や治療が遅れるとショック状態(脈や呼吸が速く弱くなるなど)になります。

腹壁ヘルニア<食道・胃・腸の病気>の診断と治療の方法

 ヘルニアが嵌頓状態の場合は、緊急に嵌頓を解除しなければ絞扼性腸閉塞になるため、緊急手術で嵌頓を解除します。手術以外の方法で嵌頓が解除された場合も、ヘルニアの原因は修復されていないため、手術で原因となった構造を修復する必要があります。
 しかし、腹壁瘢痕ヘルニア以外の腹壁ヘルニアでは診断がつかずに開腹手術となり、手術で初めて原因がわかることがほとんどです。