粘膜脱症候群<食道・胃・腸の病気>の症状の現れ方

 主な症状は出血、粘液分泌、肛門痛、排便困難、残便感などです。ほとんどの人は排便時にいきむ習慣をもっています。

粘膜脱症候群<食道・胃・腸の病気>の診断と治療の方法

 治療の基本は、繰り返しいきんで排便しようとする習慣をやめることです。そのほか、緩下剤(かんげざい)の投与や食物繊維を多くとり排便習慣を整えることも有効です。保存的な治療で改善しない場合には、痔核の治療に準じたゴム輪結紮(けっさつ)や外科的な手術などで治療します。