粘膜脱症候群<直腸・肛門の病気>の症状の現れ方

 ほとんどの場合、排便のたびに強くいきまないと出ないことが長年の習慣となっており、次第に出血、粘液の分泌、肛門痛、排便後もすぐトイレに行きたくなる(テネスムス)といった症状が現われます。

粘膜脱症候群<直腸・肛門の病気>の診断と治療の方法

 治療の基本は、繰り返しいきむことにより排便しようとする習慣をやめることです。そのためには緩下剤(かんげざい)や食物繊維を利用し、必要があれば坐薬や浣腸を用いて短時間で排便をすませるようにします。
 肛門外に脱出する場合は、痔核(じかく)の手術に準じて脱出する粘膜の結紮(けっさつ)切除術を行います。