血栓性外痔核<直腸・肛門の病気>の症状の現れ方

 急激にズキンズキンとした重苦しい鈍痛(どんつう)が生じます。力を入れようとしても肛門の痛みのために力が入らないこともあります。
 肛門周囲には、青黒く透けてみえる、エンドウ豆大の丸い塊(血栓)が現れます。普通は1個ですが時には数個のこともあります。それが破けると血の塊が顔を出し、出血することもあります。

血栓性外痔核<直腸・肛門の病気>の診断と治療の方法

 保存的に治します。坐薬、軟膏を使い、ひどければ抗炎症薬、消炎酵素薬、消炎鎮痛薬を内服します。1週間以内に痛みはとれ、血栓は1カ月以内に吸収されなくなります。
 血栓が大きく、治りが悪ければ外来で局所麻酔をしたうえで、手術的に切開を加えて血の塊を除去します。