B型急性肝炎<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の症状の現れ方

 B型急性肝炎では、ウイルスに感染して約1〜3カ月の潜伏期間をおいて症状が現れます。初期の症状は体がだるい、食欲がない、発熱、吐き気、嘔吐など、かぜに似た症状です。その後、黄疸(おうだん)が現れます。茶褐色の尿や白っぽい便が出ることもあります。
 B型急性肝炎は、基本的には完治します。しかし、免疫を抑える薬をのんでいるような特殊な場合やウイルスの種類によっては、慢性化する可能性があります。また、1%以下といわれていますが、劇症肝炎と呼ばれる重い状態に進行する場合があります。そのなかの6〜7割の人は致命的になります。劇症肝炎については別項を参考にしてください。

B型急性肝炎<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の診断と治療の方法

 基本的な治療は安静臥床です。
 B型慢性肝炎では、ラミブジンやエンテカビル水和物という強力な抗ウイルス薬が使われていますが、急性肝炎に対しての保険適応は認められていません。重症・劇症化や慢性化が予想される時には、ウイルスを抑えるために使用されることがあります。