C型慢性肝炎とはどんな病気か

 C型肝炎ウイルス(HCV)に感染し、肝機能の異常が持続的に続く病気です。通常、6カ月以上にわたって肝炎が続く場合を慢性肝炎といいます。
 ウイルスに感染後、急性肝炎を発症しても、ほとんど症状は現れません。しかし、無治療だと約7割でウイルスは排除されず持続感染に移行します。この状態になると自然治癒するのは極めてまれで、大部分の人が慢性肝炎になります。
 C型慢性肝炎ではHCV抗体が陽性を示します。日本国内でHCV抗体が陽性の人は、150〜200万人いると推測されています。年齢は40代以上に多く、輸血などの医療行為による感染が背景にあることが知られています。
 C型慢性肝炎は、放置すると肝硬変(かんこうへん)や肝がんに移行する危険のある病気です。しかしその進行はゆるやかで、C型慢性肝炎だけでは命にかかわることはありませんが、放っておくと10〜30年かけて確実に肝硬変、肝がんへと進行していきます。現在、肝がんの約8割でHCV抗体が陽性です。

原因は何か

 C型慢性肝炎の原因は、C型肝炎ウイルスによる感染です(コラム)。

症状の現れ方

 C型慢性肝炎の場合、自覚症状がほとんどないのが特徴です。
 C型肝炎ウイルスに感染すると急性肝炎が起こり、時に全身倦怠(けんたい)感に引き続き食欲不振、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)などの症状が出現することがありますが、症状が出ることは少なく、そのまま慢性化する人がほとんどです。
 しかし、進行し肝硬変になると手掌紅斑(しゅしょうこうはん)、クモ状血管腫、女性化乳房などが認められることがあり、非代償期(ひだいしょうき)(肝硬変)には、浮腫(ふしゅ)、腹水(ふくすい)、黄疸(おうだん)、食道・胃静脈瘤(じょうみゃくりゅう)、肝性脳症(かんせいのうしょう)(意識障害)などの合併症が現れることがあります。

検査と診断

 C型慢性肝炎における肝障害の程度を正しく診断することは、病気の予後や治療法を判断するうえで重要なことです。診断は、主に血液検査で行われます。
 血中のALT(GPT)、AST(GOT)値で肝炎の状態を調べるのに加え、ウイルスマーカー検査でC型肝炎ウイルス感染の有無を調べます。
 ALT、ASTは肝細胞中にたくさん含まれる酵素で、肝臓に障害が起こり、肝細胞が破壊されると血液中に流れ出すため、値が高くなります。なお、慢性肝炎では、ALTと ASTは変動するため、基準値内の値を示すこともあります。ALT値40以下は低い、40〜80で中程度、80以上で高いとするのがひとつの目安です。
 ウイルスマーカー検査では、HCVの有無を確認し、感染が確認されればさらにHCVの型を調べます(コラム)。
 肝生検(かんせいけん)(肝臓のごく一部を採取し顕微鏡で直接観察する検査)では、線維化(せんいか)の程度と肝炎の活動性を正確に診断することが可能です。ただし、侵襲(しんしゅう)を伴うため医療機関によって行わない場合もあります。肝線維化の程度を表す指標にはF分類があり、F0(正常)、F1(軽度)、F2(中度)、F3(高度)、F4(肝硬変)の5段階に分類されます。初期の慢性肝炎では線維化はほとんど認められませんが、肝硬変に近づくにつれより強くなります。研究により、この段階が1段悪化するまでに平均で10年以上かかることがわかってきました。
 人によって差はありますが、平均的な経過をたどると、ウイルスに感染してからの年数で、自分がF分類のどの位置にいるかが推察できます。ただし、飲酒量が多い、あるいは肝機能検査のALTの数値が高い人は、悪化するスピードが速くなります。


 なお、このF分類を正確に把握するには肝生検が必要ですが、通常の血小板検査でも線維化の程度を予測できることがわかりました。血小板数が13万を下回った時には、ほぼF3に至っていることが予想され、発がんの危険性が高く、専門医による厳重な経過観察と治療が必要となります(図1)。
 さらに、超音波(エコー)検査、CT、MRIなどの画像検査で肝臓を観察することにより、肝臓の病期の進行度、肝がんの発生の有無を診断します。
 こうした検査で肝炎が進んでいることがわかれば、早めに積極的な治療を受けることがすすめられますが、最近、ALTが正常であっても肝臓の線維化が進む場合があることがわかっており、とくにALTが31以上、あるいは30以下でも血小板が15万以下の場合は、一度きちんと検査を受け、治療について相談してください。

治療の方法

 C型慢性肝炎の治療は、肝臓がんを予防することが目的となります。治療方法は、肝細胞の線維化を遅らせて病気の進展を抑える治療(肝庇護療法(かんひごりょうほう))と、ウイルスの排除を目指す積極的治療(根治療法(こんちりょうほう))の大きく2つに分けられます。
 肝庇護療法は、ALT値を低下させ、肝炎を鎮静化させる目的で行われ、いろいろな肝庇護薬がありますが、主なものはウルソデオキシコール酸(ウルソ)とグリチルリチン製剤です。前者は内服薬であり、副作用が少ないことから使用頻度の高い薬剤ですが、軽度の下痢症状などが出現することがあります。後者は注射薬(強力ネオミノファーゲンC)として多く用いられており、ALT値を低下させる作用が強いことが知られていますが、主な副作用は高血圧低カリウム血症です。
 根治療法はウイルスを完全に駆除することを目指しますが、ウイルスの型でその効果に違いがあることがある程度判明していて、日本の患者さんの約7割は効きにくいウイルス(1型)といわれています。根治療法で現在最も強力な治療は、ペグインターフェロン(ペグIFN)とリバビリンの併用療法で、効きにくい1型でも半分以上の患者さんが治るようになりました(コラム)。
 また高齢の患者さんでも、肝がんを予防するために治療がすすめられる場合があるので、あきらめずに専門医に相談してください。

C型慢性肝炎に気づいたらどうする

 C型肝炎と診断されても、日常生活では他人に感染する心配はほとんどないので、必要以上に神経質になることはありません。ただ、カミソリなどは共有しないようにしてください。万一、鼻血や切り傷などで感染者の血液に触れることがあった場合は、すぐに水で血液を洗い流すことが大切です。
 食生活では、ウイルスによって壊された肝細胞を修復するために、栄養バランスのとれた食事を、規則正しくとることが重要となります。以前は高エネルギー・高蛋白食がすすめられていましたが、現在では極端だと肥満や脂肪肝を招きかねないので避けられています。またC型慢性肝炎では肝臓に鉄が蓄積しやすくなり、そのため肝機能が悪くなることが報告されているので、鉄分をとりすぎないことが大切です。レバー、ホウレンソウ、マグロ、海藻など鉄分の多い食品を過剰摂取しないでください。
 仕事との両立については、ペグIFNは注射が週1回ですみますし、リバビリンはのみ薬ですから十分可能です。副作用のことを考えて、週末にペグIFNの注射を打つことにするとよいでしょう。激しい肉体労働は難しいかもしれませんが、ストレスをためすぎないような仕事であれば、気分も変わり食欲も出てくるので、治療効果も高まると思われます。