胆管細胞がん<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の症状の現れ方

 健康診断や人間ドックを受けていないと、症状は少ないので早期発見は困難です。がんが肝臓内の胆管を圧迫してこれをふさいでしまうと、黄疸(おうだん)(皮膚や白眼が黄色くなる、尿の色が茶色になる)が起こり、自覚症状になります。腫瘍が大きくなると腹部の張った感じや腹部のしこりになることもあります。

胆管細胞がん<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の診断と治療の方法

 最も望ましいのは腫瘍を外科的に切除することです。しかし、肝細胞がんとは違い、定期的に肝臓がチェックされていることが少ないため、小型の無症状の状態で発見できるケースはまれで、切除できる患者さんはまだまだ少ない状況です。また、肝動脈化学塞栓療法(かんどうみゃくかがくそくせんりょうほう)や抗がん薬の効果は、肝細胞がんより悪いことが多い傾向にあります。
 胆管細胞がんが発見された時点で、閉塞性黄疸が起こってしまっている状態では、黄疸を軽くするために胆管ドレナージ(チューブを挿入して排液させる)が至急必要になります。