アミロイド肝とはどんな病気か

 肝臓に、アミロイド線維蛋白(せんいたんぱく)という異常な蛋白が沈着することにより肝障害が生じる病気で、通常は全身性アミロイドーシスの一部分症として発症します。沈着するアミロイド線維蛋白の種類や基礎疾患などにより、多くの分類がなされています(コラム)。
 肝臓に沈着を起こす異常蛋白であるアミロイドは、免疫グロブリン(ALアミロイドーシス)あるいは血清アミロイドA(AAアミロイドーシス)に由来します。ALアミロイドーシスでは25〜80%、AAアミロイドーシスでは15%程度、肝臓にアミロイドの沈着がみられます。
 また、続発性(AA)アミロイドーシスは関節リウマチなどを基礎疾患として発症します。

症状の現れ方

 アミロイド肝の臨床症状は乏しく、ほとんど無症状です。そのため、多くはネフローゼ症候群や心不全など他の臓器の症状で全身あるいは他臓器のアミロイドーシスが発見され、全身の精密検査を行うことによってアミロイド肝も診断されます。
 高頻度に肝腫大を起こすため、肝腫大で発見されることもあります。腫大した肝臓は、他の原因で腫大した肝臓に比べて非常に硬いことが特徴で、「岩のような硬さ」とも表現されます。そのわりに圧痛(押すと出る痛み)はありません。

検査と診断

 血液生化学検査では、多くは血清アルカリホスファターゼ値が軽度の高値を示します。黄疸(おうだん)がみられた場合は、進行性で予後不良です。画像診断では肝臓の腫大がみられますが、あまり特徴的な所見はありません。
 アミロイドーシスの診断には、まずアミロイドーシスを疑い、組織学的にアミロイド沈着を証明することが必須です。ただし、出血の危険性(5%程度)があることから、肝生検(組織をとって調べる)は積極的には行われていません。生検できた場合は、特殊な染色を行い、アミロイドの沈着を証明します。同時に、特異抗体を用いた免疫組織化学染色で、沈着しているアミロイドのタイプを決定します。
 鑑別診断としては、肝腫大を示すすべての肝疾患があげられますが、なかでも肝硬変(かんこうへん)、びまん性肝細胞がん、あるいはヘモクロマトーシスなどの代謝性肝疾患などを除外する必要があります。

治療の方法

 全身性アミロイドーシスの一部分症なので、一般には全身性アミロイドーシスとしての治療を行います。AAアミロイドーシスでは、新たなアミロイド産生を抑制するために、原因となる関節リウマチなどの基礎疾患を治療することが原則です。最近は、末梢血幹細胞移植(まっしょうけつかんさいぼういしょく)(PBSCT)を用いた大量化学療法の有効性も報告されています。
 アミロイドは溶けにくい性質であるため、いったん沈着したアミロイドを除去することは非常に困難です。しかし、ジメチルスルホキシド(DMSO)という薬剤は、アミロイドを溶解する可能性が示唆されていて、内服や皮膚外用塗布として用いられています。黄疸の進行など、肝不全の徴候がある時は肝臓移植も行われています。

アミロイド肝に気づいたらどうする

 アミロイド肝はほとんど無症状のため、多くはネフローゼ症候群や心不全など他臓器の症状で、全身あるいは他臓器のアミロイドーシスとして発見され、その後全身の精密検査を行ってアミロイド肝も診断されます。したがって、症状があり、肝臓の腫大に気づいたら、すぐに専門医に相談してください。