肝膿瘍<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の症状の現れ方

 発熱、全身倦怠感(けんたいかん)、上腹部痛、右季肋部(きろくぶ)痛などの炎症症状と、黄疸(おうだん)など肝膿瘍の原因となる疾患に起因する症状が現れます。
 アメーバ性肝膿瘍では、前述の症状に加え、血性下痢が認められます。

肝膿瘍<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の診断と治療の方法

 細菌性肝膿瘍は、早期に診断し治療を開始しなければ、敗血症(はいけつしょう)、細菌性ショック、播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)(DIC)に移行し、致命的になることがあります。肝膿瘍を疑ったら、ただちに抗生剤による治療を開始します。
 また、体外にうみを誘導するために経皮的に膿瘍穿刺(せんし)ドレナージを行います。がんや結石による胆道閉塞が原因の場合は胆道ドレナージを行います。多発する肝膿瘍や抗生剤の全身投与で改善しない場合は、肝動脈内にカテーテルを留置し、抗生剤の動脈注射を行うこともあります。
 アメーバ性肝膿瘍では、メトロニダゾール(フラジール)を投与します。