肝内結石<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の症状の現れ方

 よくみられる症状は発熱や腹痛です。また黄疸(おうだん)になることもあります。肝内結石の方のうち80%の方の胆汁中には細菌が常在しており、結石により胆汁の流れが妨げられて胆管が炎症・感染を起こします。
 一方、健診などで行った腹部超音波検査などで偶然発見される、無症状の方もいます。

肝内結石<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の診断と治療の方法

 肝内結石がある部分の肝臓を外科的に切除する方法が最もよく行われています。またPTCの手技を応用して、開腹せずに皮膚から肝臓を通して胆管のなかに内視鏡(胆道鏡)を入れて結石を取り出す治療も行われています。その際に、胆道鏡で石を見ながら電気水圧波で細かく砕くこともあります。さらにERCPの手技を利用して、十二指腸から肝内結石を取り出す治療も一部の専門施設で行われています。
 現在のところ肝内結石に有効な治療薬はありませんが、ウルソデオキシコール酸や高脂血症治療薬や漢方薬が投与されることがあります。
 無症状でも、肝外胆管に近い比較的太い肝内胆管にある結石は治療対象になることがあります。しかし肝臓の端のほうの細い胆管にある結石については、治療せずに経過観察をするという考えもあります。その場合、胆管に細いところがなく、明らかな腫瘍もない、ということを正確に診断できていることが前提となります。