胆嚢がん、胆管がん<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の症状の現れ方

 総胆管にがんができると、小さいがんでも黄疸が出ます。黄疸になると、皮膚や白目が黄色くなり、尿が茶色になり、便が白くなります。また全身にかゆみが出てきます。
 肝臓内の細い胆管や胆嚢にがんができた場合には黄疸の症状が出にくいため、がんが大きくなってから症状が出てきます。みぞおちから右上腹部の鈍痛、食欲不振、体重減少、発熱などの症状を伴うことがあります。

胆嚢がん、胆管がん<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の診断と治療の方法

 胆嚢がんでも胆管がんでも手術が基本となります。ただし、転移などで手術できないこともあります。がんの場所によっては大きな手術(胆嚢や胆管だけでなく、肝臓や膵臓の一部、さらには胃や十二指腸まで切除する)となるため、身体が手術に耐えられない場合には他の治療法を選択します。
 手術ができない場合は、抗がん剤治療や放射線治療を行います。抗がん剤治療では塩酸ゲムシタビン(ジェムザール)やティーエスワンという抗がん剤を使用します。放射線治療には、体の外から照射する体外照射法と、胆管内から照射する胆管腔内照射法があります。転移のない胆管がんなどで行われますが、その効果は限定的です。