腎膿瘍とはどんな病気か

 腎膿瘍は、腎実質内に形成される膿瘍(うみの塊)で、腎皮質(じんひしつ)膿瘍と、腎髄質(じんずいしつ)膿瘍とに大きく分類されます。
 一方、腎筋膜(Gerota筋膜)内に、うみが貯留するものを腎周囲膿瘍といいます。

原因は何か

 腎皮質膿瘍は、皮膚や口腔内など腎臓以外の化膿巣からの血行性感染によって生じます。その背景として、静脈内への薬物乱用、血液透析糖尿病などがあります。起因菌としては黄色ブドウ球菌が多く、膿瘍は一般に片側性です。
 腎髄質膿瘍は、上行性(じょうこうせい)尿路感染が腎実質へ波及することで生じます。尿路結石膀胱尿管逆流現象などの尿路系の基礎疾患をもつ患者さんや、糖尿病の患者さんに起こりやすい病気です。

症状の現れ方

 発熱、悪寒、背部痛もしくは側腹部痛、体重減少、倦怠感がみられます。腎部には圧痛(押すと痛い)が認められ、側腹部に腫瘤(しゅりゅう)が触知される場合もあります。
 腎髄質膿瘍では、頻尿(ひんにょう)などの尿路感染症状が現れます。

検査と診断

 末梢血液検査では、白血球増多やCRP上昇などの炎症反応が認められます。
 腎髄質膿瘍では、膿瘍が尿路と交通しているので膿尿(のうにょう)を認め、尿培養検査で起因菌を特定できることがあります。
 腎皮質膿瘍では、尿所見は正常ですが、血液培養検査で起因菌を特定できることがあります。
 腎周囲膿瘍(じんしゅういのうよう)では腹部単純X線検査で腸腰筋陰影の消失、排泄性尿路造影では、腎実質内の占拠性病変として認められ、超音波やCT検査でその性状や病変の広がりを把握します。
 しかし、画像診断で腎腫瘍、化膿性膿胞(のうほう)、腎周囲膿瘍との区別がつかない場合には、超音波またはCT下での経皮的吸引針生検(組織をとって調べる)を行います。

治療の方法

 治療の基本は抗生剤の投与になります。
 尿培養、血液培養、膿瘍培養の結果から、起因菌に有効な抗生剤を選択します。膿瘍が直径3cm以下なら保存的治療が期待でき、5cmを超えると一般的には超音波またはCTガイド下に穿刺ドレナージを行います。無機能腎(むきのうじん)であったり感染が激しい場合には、患側腎摘出術などの外科的処置を検討します。

腎膿瘍に気づいたらどうする

 泌尿器科を受診し、専門医による鑑別診断を受けるとともに、今後の治療法について相談してください。