単純性腎嚢胞<腎臓と尿路の病気>の症状の現れ方

 孤立性の大きな嚢胞ができた場合は、時に圧迫症状を呈することもあります。また腎盂(じんう)の近くにできたものは水腎症(すいじんしょう)を来しやすく、水腎症を起こすと尿が停滞し、腎盂は腫大して嚢状となります。腫大した腎盂により腎実質が圧迫されると、次第に腎実質が薄くなり(乏しくなり)、腎機能障害が生じます。

単純性腎嚢胞<腎臓と尿路の病気>の診断と治療の方法

 圧迫症状、高血圧、尿路の閉塞などがあれば、外科的切除、開窓術、経皮的穿刺による吸引固定、腹腔鏡下嚢胞切除(ふくくうきょうかのうほうせつじょ)などが行われます。