糖尿病性腎症<腎臓と尿路の病気>の症状の現れ方

 糖尿病性腎症は、かなり進行してからでないと自覚症状は現れません。したがって、むくみなどの自覚症状が出現した場合は、かなり進行していることになります。
 腎機能が悪化し腎不全になると、体内への尿毒症(にょうどくしょう)物質の蓄積による尿毒症(頭痛、吐き気、立ちくらみなど)が出現してきます。

糖尿病性腎症<腎臓と尿路の病気>の診断と治療の方法

 基本的な治療法は、血糖値の正常化(血糖コントロール)と血圧の正常化(血圧コントロール)です。この両者は、どの病期でも行われる治療法です。

血糖コントロール
 食事療法と運動療法が基本となり、必要に応じて糖尿病薬を使用します。第4期以降では、原則として経口薬は使用せず、インスリン注射を使用します。また運動療法は、第3期B以降は制限が必要です。
 血糖コントロールの目標は、食前血糖値120mgdl未満、食後2時間血糖値180mgdl未満、HbA1C6・5%未満です。

血圧コントロール
 とくに、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬やアンジオテンシンII受容体拮抗薬を用いることが推奨されています。必要に応じてカルシウム拮抗薬や利尿薬などを併用します。
 血圧コントロールの目標は13080mmHg未満ですが、可能ならば12070mmHg未満を目標にします。

蛋白質摂取
 食事中の蛋白質摂取量に関しては、第3期〜第4期にかけては制限したほうがよいと考えられています。
 具体的には、標準体重1kgあたり通常は1・0〜1・2g日のところを0・8〜1・0g日あるいは0・6〜0・8g日まで段階的に制限していく方法が一般的です。

塩分摂取
 塩分に関しては、高血圧が存在する場合は第1期から7〜8g日の制限が必要ですが、第3期以降は高血圧の有無にかかわらず5〜6g日の制限が推奨されています。