膀胱頸部硬化症<腎臓と尿路の病気>の症状の現れ方

 膀胱頸部の膀胱壁が硬く厚くなってこの部分が開きにくくなるため、前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)と同様の症状を示します。頻尿(ひんにょう)や残尿感、尿が出始めるまでの時間が延長したり、出始めてから排尿終了までに時間がかかったりします。しかし、尿がまったく出なくなることはまれです。

膀胱頸部硬化症<腎臓と尿路の病気>の診断と治療の方法

 内視鏡を用いて、経尿道的に狭窄部を広げます。