膀胱異物<腎臓と尿路の病気>の症状の現れ方

 膀胱異物は膀胱炎の原因となります。症状として頻尿(ひんにょう)、排尿時疼痛、血尿が出現し、残尿感、下腹部痛、血尿などを伴うこともあります。
 膀胱内に異物がある場合には、細菌などの病原体がつきやすいため、抗菌薬を投与しても完治しにくいことが多く、慢性膀胱炎の原因になります。また、膀胱異物が核となり膀胱結石ができることもあります。

膀胱異物<腎臓と尿路の病気>の診断と治療の方法

 可能であれば膀胱鏡で除去しますが、異物の大きさや形状によっては非常に困難な場合もあります。放置すれば膀胱炎膀胱結石、膀胱穿孔(せんこう)などの可能性があり、膀胱鏡で除去できない場合には開腹手術を行うこともあります。