陰茎がんとはどんな病気か

 陰茎(ペニス)の皮膚から発生する扁平上皮(へんぺいじょうひ)がんと呼ばれる種類のがんです。比較的まれな腫瘍で、日本では近年減っていますが、不衛生な地域では発症が多くみられます。60〜70代に多く発症します。

原因は何か

 陰茎がんの発生要因として包茎(ほうけい)が重要視されています。これは、がんの人に包茎が多いことや、幼少時に割礼(かつれい)(包茎の手術)を受ける習慣をもつユダヤ教徒やイスラム教徒にその発生が著しく少ないことから示唆されたものです。
 包茎の場合、包皮内の恥垢(ちこう)による慢性炎症の刺激があり、これが発がんと関係していると推測されています。しかし、包茎だから必ずがんになるというわけではなく、あくまで不衛生にしていることが問題ですから、がんの発症を理由に包茎の手術をすすめる根拠はありません。また、近年パピローマウイルスの感染と関係があるのではないかともいわれています。

症状の現れ方

 通常、陰茎にできた痛みのない腫瘤(しゅりゅう)(おでき)として発症しますが、進行すると痛みや出血なども生じてきます。包茎を伴っていることが多く、包皮内の亀頭(きとう)部にできやすいので、外からは気づくのが遅れることもよくあります。典型的なものは表面が不整なごつごつした外観の塊で、潰瘍を伴っている場合もあります。感染を伴うことも多く、膿性(のうせい)または血性の分泌物がみられます。
 鼠径部(そけいぶ)(大腿の付け根)のリンパ節のはれが多くみられます。がんが転移している場合もありますが、感染によるはれが多いようです。皮膚から発生しても、進行して陰茎の海綿体や尿道にまでがんが広がれば、排尿の異常を来すこともあります。

検査と診断

 体表にできるため、肉眼的にがんの診断がつきますが、尖圭コンジローマ梅毒(ばいどく)などとの見極めがつきにくい時には一部の組織を切除して診断を確定させます。さらにX線やCT、MRIなどで他の臓器への転移の有無を調べます。

治療の方法


(1)手術

 がんが陰茎と鼠径部のリンパ節まででとどまっている場合には、手術で摘出します。全身麻酔で病変から約2cm離れた部位で正常の陰茎を切断し、新たに尿の出口を形成します。根元から切断する場合は尿の出口が女性と同じような位置にくるので、座って排尿するようになります。
 転移が疑われれば、鼠径部のリンパ節も同時に摘出します。はれていなくてもリンパ節を摘出し転移の有無を調べることもありますが、後遺症として下肢のむくみが残ることが多いようです。
(2)放射線療法
 初期のがんに対しては手術と同じように有効ですが、亀頭を越えて広がっているような場合には、放射線だけで完全に治すことはできません。手術のあとに残ったがんを消滅させるために補助的に使用される場合があります。
(3)化学療法
 がんが他の臓器に転移しているような場合、および手術で切除していても目に見えないがんが残っている危険性がある場合の再発予防として、抗がん薬で全身的な治療をすることがあります。ブレオマイシン、シスプラチン、メソトレキセート、ビンクリスチンという4種の抗がん薬が有効であるといわれ、これらのいくつかを組み合わせて使用します。

陰茎がんに気づいたらどうする

 陰茎という場所だけに病院を受診するのがためらわれ、かなりひどい状態になってから受診して手遅れになることが少なくありません。おかしいなと思ったらすぐに診察を受けてください。リンパ節にまで転移していなければ、ほとんどの例が治るがんです。

関連項目

 尖圭コンジローマ