インポテンツ(ED)<男性生殖器の病気>の症状の現れ方

 初めは時々勃起しなくなるだけですが、重症になると常時このような状態になります。

インポテンツ(ED)<男性生殖器の病気>の診断と治療の方法

 一次性のインポテンツでは、二次性徴を発現させるために男性ホルモンなどの補充療法を行います。新婚インポテンツや腟内射精困難症などの精神・心因性のインポテンツでは、行動療法、心理療法があります。これで効果がなければクエン酸シルデナフィル(バイアグラ)、塩酸バルデナフィル水和物(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)などを用いることになります。
 器質性のインポテンツでは、その原因になっている基礎疾患(糖尿病うつ病など)の治療が必要です。また、インポテンツを起こす可能性のある薬を中止することがすすめられます。しかし、効果のみられないことも多く、バイアグラなどがよく使われています。ただし、バイアグラなどの投与前に、心疾患などの合併症がないこと、硝酸剤(ニトログリセリンなど)を服用していないことを確認する必要があります。
 ED治療薬以外の方法としては、陰茎に平滑筋弛緩薬(へいかつきんしかんやく)たとえばプロスタグランジンや塩酸パパベリンを自己注射する陰茎海綿体内自己注射法、陰圧式勃起補助具を使う方法、陰茎内に手術的に補助具を挿入する方法があります。