持続勃起症<男性生殖器の病気>の症状の現れ方

 早朝勃起や性的興奮後の勃起がおさまらない場合や、会陰部を打撲した後にみられます。

持続勃起症<男性生殖器の病気>の診断と治療の方法

 陰茎海綿体のなかを生理食塩水で洗浄したり、血管収縮薬を注射したりします。しかし、改善しなければ陰茎にたまった血液を取り除く手術や、陰茎に大量の血液が入り込まなくするような手術が必要です。