無痛性甲状腺炎とはどんな病気か

 何らかの原因により甲状腺が壊れ、なかに蓄えられていた甲状腺ホルモンが血液中にもれ出して、一過性の甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)を示す病気です。亜急性甲状腺炎と違って、甲状腺に痛みがないので無痛性甲状腺炎と呼ばれています。

原因は何か

 出産をきっかけに起こることがよく知られていますが、とくに誘因がなく発症する場合もあります。もとには橋本病があると考えられていますが、どのような仕組みで甲状腺が壊れてホルモンがもれるのかは不明です。

症状の現れ方

 動悸(どうき)、暑がり、体重の減少などの甲状腺機能亢進症の症状が、比較的短期間に認められるようになり、受診する例が多いようです。甲状腺機能亢進症の5〜10%くらいが無痛性甲状腺炎です。
 症状が比較的軽度であること、病気で悩む期間が短いこと、眼球突出などの眼症状はないことなどがバセドウ病との違いですが、紛らわしいのでしばしば誤診されていました。しかし、バセドウ病では治療しないと甲状腺ホルモンは低下しないのに対して、無痛性甲状腺炎の甲状腺機能亢進症は一過性で、治療しなくても正常化するので、治療法はまったく異なり、両者の区別は重要です。

検査と診断

 バセドウ病ではTSHレセプター抗体が陽性になるので、甲状腺機能亢進症であってTSHレセプター抗体が陰性であれば、無痛性甲状腺炎の可能性が大きくなります。
 しかし、時に無痛性甲状腺炎でもTSHレセプター抗体が一時的に陽性になることがあり、その時はバセドウ病との区別が難しいので、放射性ヨード摂取率の検査をすることがあります。この検査は1週間ほど海草類をとらないようにしてヨード制限をしてから、放射性ヨードを入れたカプセルを内服し、6時間あるいは24時間後に甲状腺に取り込まれた放射性ヨードの放射を測定する検査です。
 バセドウ病では放射性ヨード摂取率は高値になるのに対して、無痛性甲状腺炎では極めて低値になるので見分けることができます。ただし、この検査はどの施設でもできるものではないので、自覚症状が強くない時は、無痛性甲状腺炎と考えて治療をしないで経過をみることもあります。
 無痛性甲状腺炎であれば、最初は甲状腺組織の破壊のために、濾胞(ろほう)に蓄えられた甲状腺ホルモンが血液中にもれ出てきて、甲状腺ホルモンが高くなります。
 しかし、バセドウ病と違ってホルモンが過剰につくられているわけではないので、1〜2カ月すると甲状腺ホルモンは低下してきて、反対に甲状腺機能低下症になります。甲状腺機能低下症は2〜3カ月でおさまり、通常はもとの正常な甲状腺機能にもどります。ただし、20%くらいの症例では、そのまま永続的な甲状腺機能低下症になるので、最後まできちんと経過をみることが重要です。

治療の方法

 甲状腺から血液中にもれ出てしまった甲状腺ホルモンを減らす治療法はありません。動悸や手の震えなどの症状が強い時は対症療法としてβ(ベータ)遮断薬を使い、過労を避けるようにして甲状腺ホルモンが低下するのを待ちます。

無痛性甲状腺炎に気づいたらどうする

 通常は1〜2カ月で症状はなくなるので、無痛性甲状腺炎と診断されても心配する必要はありません。ただ、亜急性甲状腺炎と違って繰り返すことがあるので、年に1〜2回程度の検査を受けたほうがよいでしょう。