こうかりうむけっしょう高カリウム血症の症状や原因・診断と治療方法

高カリウム血症とはどんな病気か

 体内のカリウムは大部分が細胞のなかにあり、細胞の外(血液中など)に存在するのはわずかです。細胞のなかと外のカリウム濃度のバランスは重要で、このバランスが崩れると細胞はうまくはたらけなくなります。高カリウム血症とは血液中カリウム濃度が5・5mEql以上の場合をいいますが、このような状態では細胞のはたらきは低下し、重い症状を引き起こします。

原因は何か

 原因は4つに大別されます(表4)。 (1)偽性(ぎせい)高カリウム血症は採血した検体の問題で、真の病気ではありません。 (2)細胞内から血液中へのカリウムの移動とは、血液が酸性に傾いた時など、体の状態に応じてカリウムが細胞のなかから血液中に移動してきて生じます。 (3)カリウム負荷には、カリウムを大量に含む薬剤の使用や、やけどや大きなけがなどで細胞が一度にたくさん破壊された時などになります。 (4)腎臓からのカリウム排泄障害は、腎臓や尿細管が強く侵された時、あるいはアルドステロンというホルモンの欠乏により生じます。

症状の現れ方

 悪心(おしん)、嘔吐などの胃腸症状、しびれ感、知覚過敏、脱力感などの筋肉・神経症状、不整脈などが主な症状です。カリウム値が7〜8mEqlを超えると危険な不整脈が現れ、心停止の危険性が生じます。

検査と診断

 血液中のカリウム濃度を測定して診断します。合併している病気からカリウム上昇の原因は予想できることが多いのですが、動脈血ガス分析、心電図検査、腎機能検査、尿検査、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンの測定などが併せて行われ、詳しい原因も診断されます。

治療の方法

 治療としては、原因になっている状態を改善することが大切ですが、高カリウム血症が悪化すれば生命に関わることもあるため、血液中のカリウムを減らす治療が加えられます。具体的には、まず食事でカリウム制限を行い、イオン交換樹脂製剤でカリウムの吸収を抑える一方で、利尿薬により尿中への排泄を促します。また、アルドステロン作用をもつホルモン薬を投与することもあります。
 重症の高カリウム血症で緊急に治療が必要な時は、グルコン酸カルシウム(カルチコール)で重症の不整脈を予防したり、重曹(じゅうそう)を投与して酸性に傾いた血液を中和します。

高カリウム血症に気づいたらどうする

 重症の不整脈を引き起こすことがあるので、早めに精密検査と治療を行う必要があります。

関連項目

 低カリウム血症急性副腎不全

病院をさがす

今月のおすすめ【PR】