ビタミンKのはたらき

 脂溶性(しようせい)ビタミンであるビタミンKは、肝臓において、血液凝固因子II、VII、IXおよびXの生成に関わっています。また、オステオカルシンという蛋白質を活性化することによって骨の形成を促進することも知られています。

原因は何か

 正常な状態では、腸内細菌叢(そう)でビタミンKが十分につくられるために、ビタミンK欠乏症は起こりません。しかし、未発達な新生児・乳児や、抗生剤投与などの原因で腸内細菌数が減った患者さんなどでは本症が起こる可能性があります。

症状の現れ方

 生後2〜3日に下血が起こる新生児メレナという現象がみられることがありますが、これは腸内細菌叢の発達によるビタミンK産生の増加とともに自然に改善します。
 乳児のビタミンK欠乏性出血症では、出生後順調に育っていた乳児が、生後1カ月ころに下血や頭蓋内出血を起こして死亡する例もあります。

治療の方法

 ビタミンKの1日所要量は、成人男性では65μm、女性では55μmです。新生児・乳児では母乳中のビタミンK含有量が少ないことと腸内細菌叢でのビタミンK産生が未熟なことから、所要量として0〜5カ月の乳児で5μm、6〜11カ月の乳児では10μmを摂取することがすすめられています。