炎症性の皮膚の病気<皮膚の病気>の症状の現れ方

 急性期ははれぼったい紅斑や小さな水疱がみられ、それらをかきとったかき傷やかさぶたがみられます。慢性化すると皮膚は厚くごわごわした紅斑になり、色素の沈着も伴います。

炎症性の皮膚の病気<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 皮膚への刺激やアレルギーの原因を見つけて、それらとの接触をできるかぎり避けることが第一です。
 皮膚炎はステロイド外用薬など抗炎症作用がある薬剤でしっかりと炎症を和らげて、無用な悪循環による慢性化を起こさないようにすることが大切です。かゆみによって皮膚炎が悪化している場合には、抗ヒスタミン作用のあるかゆみ止めを内服します。